新潟県十日町市の歯医者 歯科医院|オーリングテスト、歯科金属アレルギー治療、アマルガム・金銀パラジウム合金除去|ホープ歯科クリニック

新潟県十日町市ホープ歯科クリニック メールでのご相談 新潟県十日町市 ホープ歯科クリニック
ホープ歯科クリニック トップページ院長紹介治療に対する考え方十日町の健康情報局治療費についてアクセス・地図歯や治療のメール相談

ご予約専用電話 025-752-0525 症状や治療についてのご相談、ホームページの内容に関するお問合せはメールにて承っております 初診の方へ
遠方から来院される患者様 アマルガム除去 オーリングテスト

電磁波ブログ

心のスィッチ

院長おすすめ書籍

ホープ歯科クリニック関連書籍

あんしんのトイレットペーパー

補完代替治療について

医療費控除について

リンク集

メールでのご相談
--- メールでのご相談

--- 広がる歯科治療の可能性

メールでのご相談

--- 歯科グッズ

--- 歯科治療

メールでのご相談
---

---住所

新潟県十日町市寿町2-6-25
広い駐車場があります ---アクセスマップ・地図

最寄駅

十日町駅徒歩10分(東口からタクシー3分)
【東京駅から】越後湯沢駅で「ほくほく線」に乗り換え十日町駅下車

---

TEL

025-752-0525
-----------------
●症状・治療のご相談はこちらから
※お電話では承っておりません
●ホームページの内容に関するお問合せはこちらから
※お電話では承っておりません

---

診療日時

月曜~金曜 9:00~12:30
      14:30~18:30
※お昼休み中(12時30分から14時30分)の電話や来院はご遠慮ください。

コンサルテーション(治療説明)及びオーリングによる検査・治療は 12:30~と18:30~となります。

木曜午後・土曜午前は不定期診療です。お問合せ下さい。

---

休診日

土曜午後・日曜・祝日 ※木曜午後は不定期休診

---

広がる歯科治療の可能性 10

認知症

以前より、歯の少ない人は認知症になりやすい傾向がある事は知られていましたが、今回追跡調査の結果、それが証明されました。歯がないままになっている方は入れ歯を作る事をお勧め致します。

*歯科通販会社Ciメディカル歯科コミュニケーションマガジン Dentalism(デンタリズム)から引用

認知症高齢者の数は増加の一途

誰もが恐れている病気は“ガン”と“認知症”だと思います。

認知症は年をとるほど、なりやすくなります。65歳以上70歳未満の有病率は1.5%、85歳では27%に達します。日本における65歳以上の認知症患者はすでに240万を超えているという推計もあります。さらに団塊世代が65歳以上になる2015年には250万人、2020年には300万人を超すと推定されています。高齢社会の日本では認知症が今後ますます重要な問題になってきます。

認知症は、記憶や思考などの能力が脳の病気や障害の為に低下していく障害です。認知症にはいくつかの種類があります。いちばん多いのがアルツハイマー型認知症で、脳神経が変性して脳の一部が萎縮していく過程でおきる認知症です。特に認知症は治療が困難なうえ、長期間の介護や徘徊などの家族への負担、国の医療費の問題など社会問題化しています。
そこで、歯科医師として認知症の予防のために「何が出来るか?」をお伝えしたいと思います。

認知症歯の数と認知症の関連がわかってきました

健康な人は平均14.9本
認知症の人は平均9.4本

歯が少ない人は認知症になりやすいというデータがあります。


動物実験で“口腔機能”と“脳機能”の関連性が判明しました

動物実験で餌を柔らかくした「噛まない」状態や歯を削って「噛めない」状態の動物は認知機能が低下するという結果が出ました。 従って、「歯を抜きっぱなし」にしたり「柔らかい物ばかりの食事」をしていると認知機能が低下してしまいます。
多数の歯が無い状態にしておくのは認知機能の低下につながるので、入れ歯を使用するようにしましょう。

噛み合せとアルツハイマー病の最新情報

新聞と歯科雑誌に掲載されました

アルツハイマー病とは

 
  • 脳の中にアミロイドβというたんぱく質(老人斑)が蓄積して、神経細胞が変性して脳が委縮する病気
  • 認知症の40~60%
  • 男性が女性の2倍
  • 現在240万人

噛み合わせが悪いとアミロイドβが増殖するという研究発表がありました

認知症


噛み合せとアルツハイマーの関わり

認知症

 

アルツハイマー病は発症の20~25年も前から物質が作られているのをご存知ですか?

早期に歯を失い、そのまま放置をしておくと、原因物質の発生が早まる可能性があるので、早目に噛めるように治療をしてもらいましょう。

認知症の人がガムを噛み始めたら脳が活性化しました。

認知症

2014年の週刊ポストで特集が組まれました

認知症

入れ歯を入れただけで表情に変化が現れた方達が紹介されていました。

認知症

入れ歯を入れたら介護なしに歩行が出来るようになりました。

認知症

噛むと“脳が元気になる” 11の根拠


認知症
参考著書

認知症

①高齢者はよく噛むと脳の働きが良くなる

ガムを噛むと高齢者程、連合野が顕著に活性化する

*歯の無い人は入れ歯を作りましょう。


②良く噛むと前頭前野も活性化

認知症前頭前野は「認知症」と深い関わりがあります。

前頭前野の働き(脳の最高中枢)  

  1. 意識や注意を集中させる
  2. 意欲を出す
  3. 感情や行動を抑制する
  4. 記憶のコントロール
  5. 思考や意思決定をする

*認知症で道がわからなくなる、今までできた事ができなくなるのは前頭前野の集中力が低下するためです。


認知症③良く噛むと作業能率がアップ

ガムを噛む前後で作業記憶のテストをしました。 ガムを噛みながら作業や仕事を行うと集中力や作業能率がアップします。

ガムだけでなく食事もゆっくり、良く噛んで召し上がってください。


④噛む事でストレスを和らげる

認知症野球選手は緊張をほぐすためにガムを噛んでいます。

「噛めない」「食べられない」はかなりのストレスになります。 ストレスは海馬の神経細胞を死滅させます。

ベトナム帰還兵の兵士の脳を調べたら海馬の委縮が起きていました。「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」が起きていました。 東日本大震災でもPTSDは確認されています。

食事が出来るように、費用をかけてでもきちんとした入れ歯を作りましょう。


⑤良く噛むと“海馬”も活性化

認知症「最近、ちょうと前の事は忘れるが、昔の事はちゃんと覚えている」
こんな事はないですか?

海馬:短期記憶を担当します。
大脳皮質:長期記憶を担当しています。

良く噛む事により、物忘れが少なくなります。


⑥良く噛むと記憶力が増す
噛む事で海馬が“元気になる”

認知症海馬の機能の衰えは老化現象です。

ガムを噛むと海馬が活性化し、噛む事により海馬の機能低下に歯止めをかけることができます。
噛む事で記憶力も高まります。

空間認知能力も上がり「道に迷うことなど」も減ります。


⑦噛まないと脳への情報入力が3割も減少

認知症噛めないマウスは脳(海馬)への情報が30%も減少しました。
噛めないマウスの歯を修復したら、噛めるマウスの値に近づきました。


⑧噛まないと脳の神経伝達物質が減少

認知症記憶に関わる神経伝達物質がアセチルコリンです。 アルツハイマー病(認知症)で直近の事を忘れるのは、アセチルコリンが減るからです。

アリセプトという薬は、アセチルコリンを減らさないようにする薬です。
噛む事によりアセチルコリンを減らさないようにできます。

⑨噛まないと脳の神経細胞の死滅が促進

認知症噛めないマウスは、たった1週間で海馬(短期記憶中枢)の神経細胞が30%減少しました。つまり、海馬は委縮し、記憶力の低下を招きます。

噛んで神経細胞に刺激とたくさんの情報を与えてください。 *入れ歯を作りましょう


⑩噛まない食品が脳の老化を促進

認知症年齢とはかかわりなく、柔らかいもの中心の食事を続けると海馬の神経細胞の新生が抑制され空間認知能力が低下します。

口を使って食事をしないと認知機能が衰えます。

「口から食べることができなくなったので、もう長くないね」なんて事を聞いたことがありませんか?
入院患者さんが胃ろうにしたら認知症の症状が強くなってきたなどの報告が医療現場から出ています。


⑪噛まないと神経伝達物質の分泌が悪くなる

認知症噛まない食事が習慣化すると脳内の神経伝達物質に異変が起きます。

ドーパミン・セレトニンの分泌が減少
ドーパミン:目標や夢をもち意欲的に努力する時に分泌
セレトニン:心を穏やかにする役割 

*憂うつな時こそ、良く噛むようにする事が大切


歯を失って、噛む機能が低下すると、脳の機能が低下するのは明らかです。歯の無い状態を放置するのはやめましょう。
ご自身の歯でなくても、入れ歯などでも脳の機能が回復しやすい事が実験により分っていますので、認知症予防につながります。

しかし、1番大事なのは、歯を失わないようにする事です。
そのためには歯科での検診や予防処置がかかせません。

是非、定期健診を受けるようにしましょう。

認知症 歯周病で悪化

2018年1月6日の新聞に歯周病が認知症を悪化させるという記事が掲載されました。

内容の要約は下記をお読みください。

認知症

歯周病が認知症の症状を悪化させる仕組みを、国立長寿医療研究センター、名古屋市立大学などの研究グループが解明した。歯周病菌の毒素がアルツハイマー病の原因とされる脳の「ゴミ」を増やし、認知症の症状が悪化するそうです。

研究成果が、英専門誌に掲載されました。『認知症の6割を占めるとされるアルツハイマー病は、脳の神経細胞の中にアミロイドβというたんぱく質の「ゴミ」がたまり、神経細胞が徐々に死滅することが原因と考えられている。』

研究グループは、アルツハイマー病を発症するマウスに歯周病菌を感染させて、歯周病ではないアルツハイマー病のマウスの脳と比較した。5週間後、歯周病のマウスでは記憶をつかさどる海馬でアミロイドβの量が約1・4倍に増えていた。 さらに、記憶学習能力を調べる実験でも、歯周病のマウスでは認知機能が低下していたそうです。これにより歯周病と認知症には因果関係があることが分かってきました。

---

メールでのご相談

当院は、予約優先の歯科医院です。初診の方も、事前のご予約をお願いいたします。

---


025-752-0525
●症状・治療のご相談はこちらから
●ホームページの内容に関するお問合せはこちらから
院長:阿部昌義
ホープ歯科クリニック
〒948-0051 新潟県十日町市寿町2-6-25
■診療時間 月曜~金曜 9:00~12:30/14:30~18:30
※お昼休み中(12時30分から14時30分)の電話や来院はご遠慮ください。
※木曜午後・土曜午前は不定期休診です。医院にお問合せください。
■休診日 土曜午後・日曜・祝日 ※木曜午後は不定期休診

虫歯治療歯周病治療虫歯予防矯正歯科審美歯科ホワイトニング顎関節症治療睡眠時無呼吸症候群の治療歯科金属アレルギー

Copyright(C) ホープ歯科クリニック All rights reserved.

新潟県十日町市 ホープ歯科クリニック