新潟県十日町市の歯医者 歯科医院|オーリングテスト、歯科金属アレルギー治療、アマルガム・金銀パラジウム合金除去|ホープ歯科クリニック

新潟県十日町市ホープ歯科クリニック メールでのご相談 新潟県十日町市 ホープ歯科クリニック
ホープ歯科クリニック トップページ院長紹介治療に対する考え方十日町の健康情報局治療費についてアクセス・地図歯や治療のメール相談

ご予約専用電話 025-752-0525 症状や治療についてのご相談、ホームページの内容に関するお問合せはメールにて承っております 初診の方へ
遠方から来院される患者様 アマルガム除去 オーリングテスト

電磁波ブログ

心のスィッチ

院長おすすめ書籍

ホープ歯科クリニック関連書籍

あんしんのトイレットペーパー

補完代替治療について

医療費控除について

リンク集

メールでのご相談
--- メールでのご相談

--- 広がる歯科治療の可能性

メールでのご相談

--- 歯科グッズ

--- 歯科治療

メールでのご相談
---

---住所

新潟県十日町市寿町2-6-25
広い駐車場があります ---アクセスマップ・地図

最寄駅

十日町駅徒歩10分(東口からタクシー3分)
【東京駅から】越後湯沢駅で「ほくほく線」に乗り換え十日町駅下車

---

TEL

025-752-0525
-----------------
●症状・治療のご相談はこちらから
※お電話では承っておりません
●ホームページの内容に関するお問合せはこちらから
※お電話では承っておりません

---

診療日時

月曜~金曜 9:00~12:30
      14:30~18:30
※お昼休み中(12時30分から14時30分)の電話や来院はご遠慮ください。

コンサルテーション(治療説明)及びオーリングによる検査・治療は 12:30~と18:30~となります。

木曜午後・土曜午前は不定期診療です。お問合せ下さい。

---

休診日

土曜午後・日曜・祝日 ※木曜午後は不定期休診

---

広がる歯科治療の可能性 20

アルツハイマー病

アルツハイマー病最近、アルツハイマー病に“ココナッツオイル”が効果があるという報道が増えてきました。

関連書籍も多数出版されていますが、その一冊に「アルツハイマー病と歯周病が関連している」という内容が掲載されているので紹介します。

  • アルツハイマー病やその他の神経変性疾患の患者の脳では、さまざまな細菌やウイルスの存在を示す証拠が見つかっています。
  • アルツハイマー病と最も関連の深い微生物は、スピロヘータ、単純ヘルペス、クラミジアであるがそれ以外にもピロリ菌やサイトメガロウイルスなどが関連する場合があります。
  • ライム病や梅毒を起こすスピロヘータがアルツハイマー病や神経変性疾患の原因になることは立証されています。 しかし、口腔スピロヘータの方がはるかに大きい。なぜならば、この2つの細菌は比較的稀な細菌だからです。一方、口腔スピロヘータは、すべての人の口腔内に存在します。

口腔内で有名なスピロヘータ

アルツハイマー病口腔スピロヘータがアルツハイマー病の原因あるいは一因とする研究結果はいくつもあります。

▼オレゴン健康科学大学歯学部での研究結果です。

  • 脳細胞の死後解剖で歯周病の原因で知られる2種類の口腔スピロヘータの痕跡を調査しました。
  • アルツハイマー病だった人の検体か88%からスピロヘータが見つかりました。
  • 対照群では22%にとどまりました。
  • 今回は2種類のスピロヘータしか調査しなかったが、他のスピロヘータを加えるとさらに割合は高くなる事が考えられる。

別の研究では、14人の解剖検査のすべてにおいてスピロヘータが見つかりました。
同年齢で亡くなったアルツハイマー病出ない方の検体13人には誰も見つからなかったそうです。

*アルツハイマー病の原因に歯周病菌が関わっている事が裏付けられました。

修道女研究

ケンタッキー大学の医学部と歯学部が、<歯を失うこと、認知症、アルツハイマー病の関係>について行った、修道女研究と呼ばれる調査があります。

年齢75歳から98歳までのカトリック修道女144人を対象とした研究です。
研究チームは歯科記録と年1度行う認知機能テストの結果を10年間分析した。また、調査期間中に亡くなった118人の解剖所見も分析した。
その結果、調査開始時に歯の数が最も少なかった人が、認知症になる確率が最も高かったそうです。

別の調査結果

年齢65歳以上で認知症でない人686人を観察したものがある。
2年半後、歯の数の少ない方が、認知症とアルツハイマー病の発生率が高かった。

日本に住む100歳以上の人全員に行った調査では、肉体的にも精神的にも健康を保っている人は自分の歯のほとんどが残っていた。一方、健康がすぐれず、認知症の人は歯がまったくないか、あってもわずかだった。

日本の別の調査では60人のアルツハイマー病と同年齢でアルツハイマー病でない対照群120人が比較されアルツハイマー病につながる5つの重大な危険因子が特定されました。

アメリカの論文「ジャーナル・オブ・アルツハイマーズ・ディジーズ」より

アルツハイマー病で亡くなった人の脳から歯周病菌が見つかったという論文が発表された。

被験者数20人のうち、アルツハイマー病で亡くなった10人中、4人の検体の脳から歯周病菌が見つかった。一方、アルツハイマー病以外の病気で亡くなった10人の脳からは歯周病菌は見つからなかった。

研究者は、アルツハイマー病以外の病気で亡くなった人の脳から歯周病菌が見つからなかったことから、「歯周病菌とアルツハイマー病の発生には無視できない関係がある」としている。

アルツハイマー病につながる5つの特定因子が判明しています

  1. 社会との関わりがすくないこと
  2. 運動不足
  3. 頭部外傷
  4. 低学歴
  5. 歯の損失

これらの危険因子を一つも持たない人と比べた場合、5つの危険因子をすべて持つ人はがアルツハイマー病を発病する危険性は935倍です。

認知症 歯周病で悪化

2018年1月6日の新聞に歯周病が認知症を悪化させるという記事が掲載されました。

内容の要約は下記をお読みください。*朝日新聞引用

認知症

歯周病が認知症の症状を悪化させる仕組みを、国立長寿医療研究センター、名古屋市立大学などの研究グループが解明した。歯周病菌の毒素がアルツハイマー病の原因とされる脳の「ゴミ」を増やし、認知症の症状が悪化するそうです。

研究成果が、英専門誌に掲載されました。『認知症の6割を占めるとされるアルツハイマー病は、脳の神経細胞の中にアミロイドβというたんぱく質の「ゴミ」がたまり、神経細胞が徐々に死滅することが原因と考えられている。』

研究グループは、アルツハイマー病を発症するマウスに歯周病菌を感染させて、歯周病ではないアルツハイマー病のマウスの脳と比較した。5週間後、歯周病のマウスでは記憶をつかさどる海馬でアミロイドβの量が約1・4倍に増えていた。 さらに、記憶学習能力を調べる実験でも、歯周病のマウスでは認知機能が低下していたそうです。これにより歯周病と認知症には因果関係があることが分かってきました。

広がる歯科治療

アルツハイマー病真実と終焉この書籍では、「口腔内の歯周病菌が脳内で見つかっている」「アマルガムの水銀が脳内に蓄積」などが記載されており、この2つがアルツハイマー病の原因の一つと書かれています。
この書籍出版後に発売された週刊朝日の記事でも、歯科金属毒性(アマルガムの水銀)をとり上げております。
アマルガムが口腔内で使われている人は、できるだけアマルガム除去に精通した歯科医師に外してもらいましょう。


アルツハイマー病新解明カビ毒や歯科治療も重大リスクに!毒物性認知症の恐怖

---

メールでのご相談

当院は、予約優先の歯科医院です。初診の方も、事前のご予約をお願いいたします。

---


025-752-0525
●症状・治療のご相談はこちらから
●ホームページの内容に関するお問合せはこちらから
院長:阿部昌義
ホープ歯科クリニック
〒948-0051 新潟県十日町市寿町2-6-25
■診療時間 月曜~金曜 9:00~12:30/14:30~18:30
※お昼休み中(12時30分から14時30分)の電話や来院はご遠慮ください。
※木曜午後・土曜午前は不定期休診です。医院にお問合せください。
■休診日 土曜午後・日曜・祝日 ※木曜午後は不定期休診

虫歯治療歯周病治療虫歯予防矯正歯科審美歯科ホワイトニング顎関節症治療睡眠時無呼吸症候群の治療歯科金属アレルギー

Copyright(C) ホープ歯科クリニック All rights reserved.

新潟県十日町市 ホープ歯科クリニック